カーナビはGPSの電波の制限が緩和されたこと、ハードディスクが安くなったことで一気に進歩しました。現在のカーナビは地図の表示や路線表示以外の機能も充実しており、インターネットや携帯電話を使ってさらなる情報端末へと進化が進んでいます。カーナビがもっとも進化した点はネットを通じて情報を取得し、最新の情報を元にドライバーに適切な道路情報を提供できることです。これまでも道路に設置されている電波を使って渋滞情報などは表示されていましたが、ネットを通じて他の車の情報を元にした渋滞情報は更新速度も早く、路線決定でも重要なデータとなりつつあります。現在のカーナビのトレンドは他車との協調とも言われており、自身の情報も提供しながら最適なルートづくりをします。カーナビがすごいのはこの作業をドライバーは何も気にしなくて良いということです。すべてのデータはカーナビが接続するクラウド上にあり、現在位置に合わせて適切なデータを送ってもらえます。携帯電話を利用しますので通信料がかかりますが、カーナビによっては年間契約をすることで格安で通信が行えるサービスも増えており、利用者が続々と増えています。カーナビは今後も使えるデータを増やしながら進化すると考えられています