» 未分類のブログ記事

カーナビゲーションは登場から10年以上たち、新車購入の場合には多くの車で購入される人気パーツとなっています。カーナビはハードディスク搭載型が登場してから性能が格段に上がっています。CDなどの光学ディスクを利用していた時には動作速度の面で機能アップが難しかったようですが、パソコンとほぼ同じ構成になったことでさまざまな付加価値が付けられるようになりました。その1つに事前ルート計画機能があります。旅行などの際、事前にルートを設定し、かかる時間がわかるというものです。これまで地図の上でやっていた作業がカーナビで行えることで格段に楽になりました。また、カーナビの場合、ルートから外れたり渋滞などになった場合についての遅れる状況も追加できます。ルートで寄り道する場所と想定する滞在時間を入れれば自動でリルートを計算してくれるカーナビも登場しています。また、寄り道以外にもこれまでの渋滞情報を元に渋滞予測を導入でき、実際の走行シミュレーションが可能となっています。また、走行シミュレーションを行うことで運転に集中でき、運転に不慣れな方でも安心感が増したり、途中の観光スポットも教えてくれる機能があるカーナビも増えているのでたいへん好評です

車で知らない土地を走行する時に、紙の地図を広げていたのでは、脇見運転で交通事故につながる恐れがありますし、いちいち路肩停止をして時間的なロスを起こしてしまったのでは、快適な走行ができません。
そこで活躍してくれるのが、カーナビゲーションです。最近のものは昔に比べて、お手軽な価格帯も豊富に揃っていますので、誰にでも気軽に取り付けられるようになりました。
知らない土地でも、自動的に目的地までのドライブルートを示してくれるとあり、車を運転する際には、頼もしい相棒となります。
しかし、カーナビゲーションは完璧ではなく、場合によっては目的地まで妙なルートを示して、ドライバーを困らせることがあります。そんな困った点を解消する機能として、ルート学習効果が搭載されたカーナビゲーションが存在します。
ドライバーがいつも通るルートの癖をカーナビゲーションが自然に学習していき、ドライバーの好みに合わせたルートを示せるように調整する機能になります。完璧に学習ができるという機能ではありませんが、この機能があれば、カーナビゲーションに対する不満な部分がそこそこ解消され、ドライバーにとって快適な走行ができるようになります。

カーナビは現在位置を示し、目的位置までルートを示す基本機能の他にルート設定をさらに細かく提案する機能が増えています。これまでのカーナビのルート設定は最短距離または最短時間でのルート設定のみでした。しかし、旅行などの場合にはルート上に魅力的な観光地やお店があったら立ち寄りたいものです。また、知らない土地にでかけていくのですからルートから離れた観光地はわかりません。そこでカーナビの新たな機能としてルートを決める際、さまざまなオプションを設定できるようになっています。オプションでもっとも好評なのが観光案内です。旅行先周辺のお店や観光地の紹介はもとより、その間のルートで寄り道できそうな場所もピックアップしてくれます。また、ルートを選ぶ際、使える追加の時間を合わせて登録することで旅先案内人の役目も行いますのでルートを決める際、寄り道をどうしたらいいかまで教えてくれるカーナビもあります。これまでのカーナビは希望する地点周辺を特に紹介する機能はありましたが、ルート状の観光地はノーマークだったようです。カーナビの基本機能が最短、最小距離での到着なので致し方ありませんが、現在のカーナビはより旅行者目線で作られてきています

夏休みなどの長期休暇は、帰省や家族旅行などに大忙しのお父さんも多いかと思います。そんなときに大活躍なのがカーナビです! いまやカーナビはただの電子地図ではありません。さまざまな機能が、快適なドライブをサポートしてくれます。
まず注目したいのがタッチパネル。運転中に気をそらすのは危険ですが、画面に手を近づけるだけでよく使う機能を自動で表示、運転中の操作の負担を軽減し、安全な操作を実現します。
またスマートフォンのアプリと連動させることで、アプリで目的地を入力すれば簡単に目的地が検索できます。運転中も音声案内によりルートを知らせてくれるので、安全に、そして確実に正しいルートを運転することができます。
そしてドライブ中、なにかと困るのが渋滞でしょう。しかし渋滞情報もカーナビに任せれば問題ありません。過去の道路情報から日時による詳細な渋滞データを蓄積することによって、渋滞が起きやすいルートをあらかじめ回避し、快適なドライブを実現します。
またシーズンにあわせて、現在地の近くのおススメスポットを自動案内してくれるので、予定外の寄り道を楽しむこともできます。
カーナビの機能は日々進化しています。めんどうなドライブプランはカーナビ任せてしまい、楽しく安全なドライブを楽しみましょう。

旅行などドライブするときにとても便利なものがカーナビです。
最近の自動車にはオプションで純正のカーナビを取り付けることもできます。最近のカーナビはとても高性能になってきています。
画面が大きくなっているということや、音声の案内も親切でより細かくなってきているのが特徴です。
どのようなときに活躍するか、やはり旅行など初めての場所へ行くような場合にとても助かります。
操作も簡単です。行先を設定することで案内を開始してくれます。また高速道路を優先するかなどの設定も可能なのです。
また便利なのが渋滞情報や交通規制情報、道路の分岐や交差点のレーンを見やすく表示することもできます。全体のルートと時間を知ることで計画的に走行することができます。
カーナビがあれば知らない道を走行することも地図を見るのが苦手という人にとっても便利なのです。GPSによって常に自分の現在地を示してくれて、目的地まで適切に案内してくれるので安心して運転に集中することができます。
そのためにもカーナビの地図データは常に最新に更新しておくといいでしょう。日本全国いろいろなところで常に変化があります。数年たつと高速道路も延長されていたります。そのような場合も地図データを更新しておくと安心です。

カーナビはGPSの電波の制限が緩和されたこと、ハードディスクが安くなったことで一気に進歩しました。現在のカーナビは地図の表示や路線表示以外の機能も充実しており、インターネットや携帯電話を使ってさらなる情報端末へと進化が進んでいます。カーナビがもっとも進化した点はネットを通じて情報を取得し、最新の情報を元にドライバーに適切な道路情報を提供できることです。これまでも道路に設置されている電波を使って渋滞情報などは表示されていましたが、ネットを通じて他の車の情報を元にした渋滞情報は更新速度も早く、路線決定でも重要なデータとなりつつあります。現在のカーナビのトレンドは他車との協調とも言われており、自身の情報も提供しながら最適なルートづくりをします。カーナビがすごいのはこの作業をドライバーは何も気にしなくて良いということです。すべてのデータはカーナビが接続するクラウド上にあり、現在位置に合わせて適切なデータを送ってもらえます。携帯電話を利用しますので通信料がかかりますが、カーナビによっては年間契約をすることで格安で通信が行えるサービスも増えており、利用者が続々と増えています。カーナビは今後も使えるデータを増やしながら進化すると考えられています

道を誘導して教えてくれるカーナビは、役割りの追加と高性能化が現在のトレンドで、音楽を楽しんだり録音する機能が備わります。
メモリーカードに対応する製品は、CDのデータを読み取り変換する事が可能ですし、高速で録音出来る場合も珍しくはありませんから、単なる機能に留まらず、利便性が高く実現しています。
また、パソコンで取り込んだ曲をメモリーカード経由で使用出来ますから、カーナビが再生プレイヤーの変わりになります。
外部プレーヤーと連携能力を持つタイプなら、社外製品と活用の相乗効果が高まりますし、車内で楽しむ時はカーナビ、車から降りた後はプレーヤーと使い分けが実現します。
録音が特に活かせる条件は、CDを扱えるパソコンを持たない場合や、編集作業に手間をかけたくない時など、お手軽に楽しむケースでメリットが発揮されます。
地デジやワンセグが見れる機種は珍しくなく、大容量のデータに対応するHDD搭載や、DVDのビデオ視聴対応も一般的です。
流れを考えると、オーディオに対応する事は必然ですから、搭載される製品が増え普及する状況に納得出来ます。
製品を選ぶ際には、本来の目的だけではなく、拡張された機能に着目を行い、使い易さや豊富な使い道で選ぶ事が便利な利用に繋がります。

地上デジタル放送、略して「地デジ」は、これまでのアナログ波であった放送電波をデジタル方式に置き換えたもので、デジタルならではの鮮明でくっきりとした映像、迫力ある音声が楽しめるほか、映像と音声からなるテレビ番組などとあわせて、データ放送も受信できるといった、すぐれた特徴があります。また、従来のアナログ放送とは違って、携帯電話などの移動端末からも、どこでも自由自在に受信できるというのもメリットのひとつとなっています。
このようなことから、自宅から離れた遠くの場所にいて、車の中から地デジのテレビ番組を視聴するということも可能となっています。より具体的には、地デジチューナーが搭載されていることを明示しているカーナビゲーションシステムを取り付ければ、その端末から受信をすることができるようになります。
ただし、カーナビの画面は規格が小さく画質が荒いものが多いため、必ずしもきめ細かい映像が楽しめないおそれがあるほか、ビルなどの建物が障害となって、うまく電波を受信できないといった場合もあり得ます。特に、車で移動中の場合については、中継局が途中で切り替わる可能性があるため、これも視聴に失敗する原因となることがあります。

最新のカーナビぼデザインは、モニターが大きめになり、従来よりも見やすさが強調されています。
さらに進化しているのは、過去の渋滞情報から渋滞予測をしてくれる機能です。過去の渋滞データを分析して、今後発生すると予測される状況を回避して、最適なルートを教えてくれます。
データとして使うのは、曜日、時刻、などの諸条件で、それらを加味して渋滞に巻き込まれにくいルートを選択してくれます。
ビーコンユニットが搭載されているナビでは、リアルタイムの情報も加えられるので、事故など突発的な事態が起こった時にも素早く対応することが可能です。
機種によって性能には差があり、交通量調査などで収集された道路交通センサス情報や、ユーザーが走行してHDDにためたデータを加えて反映させるなど、より多くの情報を使って渋滞を回避できるシステムが考え出されています。
また、自動車メーカーの会員になると、会員の走行データをサーバーに蓄積して、ナビが対応していない道路でも渋滞予測をしてくれるものもあります。
デザイン面では大型モニター化して見やすくなり、ナビ面では過去の情報やリアルタイムの情報を加味して渋滞予測できるなど、ユーザーに嬉しいシステムが増えています。