本当に知っている?レーザー脱毛の誤解

ムダ毛の処理方法にはさまざまあります。除毛は毛をカミソリで剃ったり除毛ムースなどを使用して肌表面の目に見えている部分を処理するもので、毛根から肌表面までは毛が生えた状態であるのですぐに生えてきてしまいますが、脱毛は毛根から抜くことを言うので再び毛根が再生されて肌表面に出てくるまでに時間がかかるので、毛のない状態を長く保てるメリットがあります。

 
脱毛には、毛抜きやワックスなどで引っ張って抜く方法の他にも、毛の生えてくる毛乳頭にダメージを与えられる脱毛法もあります。美容クリニックなど医療機関でのみ行われているのがレーザー脱毛であり、他にもエステサロンでも同じ光脱毛でもあるフラッシュ脱毛も行われていますが、医師の指導のもとで毛根を死滅させることが法律で許されている脱毛方法です。

 
高い出力で行われるのでフラッシュ脱毛に比べて効果は高いですが、一度施術を行えば終了するものではありません。毛のサイクルは同時ではなくばらばらであり毛の成長期の毛乳頭に対してレーザーの光が作用するので、休止期や退行期のむだ毛には作用しないものであり、何回か施術を受ける必要があります。

 
また、黒い色に反応するレーザーの光は、うぶ毛や色の薄い毛には反応しにくいものであり、施術をしても残ってしまう可能性があるものです。出力を上げるなどスタッフに相談すれば調整してもらえますが、肌よりも薄い色の毛であればその分肌への痛みややけどなどの負担が大きくなります。